2016年、芸術家としての功績をたたえられ文化勲章をうけられた前衛芸術家の草間彌生さん。

草間さんの作品がオークションで取引された昨年2017年の総額はなんと71億8000万円。

女性のアーティストとしては最高額。草間さんの作品は世界中で人気があり、中国でも大人気なんだそうです。

その中国で草間彌生さんの贋作の展示会が許可なく上海市など中国の各地で多数で行われていたそうです。

草間彌生記念芸術財団が、中国でニセモノの展覧会が行われているのを知ったのは、中国の美術の関係者から、こんな展示会がありますが、これは本物ではないんじゃないでしょうか。と問い合わせがあり知ることとなったそうです。

ニセ展示会では、1000円のチケットを販売しており、草間さんの展示会のチケットを購入した草間さんのファンの方に「ニセの展示会だという報道は知っていますか?」と聞くと、「えー知らなかったです。」と回答。

ニセ展示会の主催者の声明文では
「展示している絵画作品は合法なルートで落札しており、すべて草間彌生の署名が入っている原作の絵画であり贋作は存在しておりません。」と、本物を主張。

草間さんには一切の連絡もなく、作品の提供も展示会の許可もしていないそうです。草間彌生記念芸術財団では「芸術家の創造行為に対する重大なぼうとくであり権利を侵害する行為であって、断じて許されるものではありません」とホームページでコメントを発表しました。

展示会は突然中止され現在はおこなわれているませんが、中国はなぜこういったニセモノが許されるのでしょうか。