主将を務める楽天のベテラン捕手、嶋の好守に渡る活躍によって、

ソフトバンクとの接戦をものにした楽天がCSファイナルステージ連勝。

この日は、両チームの投手陣が踏ん張りを見せて、

お互いなかなか得点が奪えない1点を争うゲームに展開に。

こういった1点を争うゲーム展開になると、

やはり頼りになるベテランの力がモノを言います。

実際、楽天の嶋は、主将としてチームをよく引っ張っていました。

先発の辛島の緩急ある投球を上手く引き出したかと思うと、

2番手で登板した宋の150キロ超えの速球を多投して、

ソフトバンクに的を絞らせない配給をしていたのはさすがです。

しかも、7回には決勝打となるタイムリーツーベースを放ち、

打撃面でも楽天の勝利に貢献していましたね。

一方、ソフトバンクは、ここぞという場面でベテランが力を発揮できず、

4回に内川こそ同点となるホームランを放ちましたが、

松田がチャンスで2度も凡退する結果に終わってしまいました。

逆に、ベテランの松田がチャンスでタイムリーを打っていたら、

流れがソフトバンクの方に傾いていたかもしれません。

また、接戦では、致命傷になりかねないミスも出てしまいましたね。

1回楽天の攻撃1アウト1塁で銀次がライト前ヒットを放つと、

ボールはライトの川島の手前に落ちて大きく弾むと、

目測を誤った川島の頭上を超えてボールを後逸。

その結果、1塁ランナーの藤田が一気にホームインしちゃったんです。

実は、今シーズン川島がライトの守備についた機会は一度のみ。

川島は、外野を守った経験もりますが、

内野のショートを守ることが多い彼にとって、

外野の守備はあまり慣れていません。

おそらく、外野を守り慣れている選手なら、

このような判断ミスはしなかったでしょう。

これは、工藤監督の采配ミスと言わざるを得ません。

とにかく、この試合の楽天の勝利は、ベテランの嶋の好守に渡る

活躍があったからこそ掴み取ることができたと思います。

楽天は、残りの試合、好投手が残っているので、

ソフトバンクが、どのように立ち向かっていくか見ものですね。